マルチホップ対応920MHz無線モジュール IM920s

マルチホップ対応920MHz無線モジュール

伝搬特性に優れたサブギガ(Sub-GHz)帯、920MHzの無線通信で本格的なアドホック・マルチホップネットワークを構成できます。

動的ルート情報を探索しますので、見通しが確保できない環境でも長距離通信を容易に実現できます。

技適取得済でユーザの免許や申請手続きは不要。組み込み用に手軽にお使いいただけます。

調歩同期式シリアルインターフェイスと使いやすいIMコマンドを採用。他のIMシリーズと互換性があり、簡単に操作できます。

IM920sシリーズと共存・混在でき、様々なアプリケーションが実現できます。

point1IM920cとインターフェイス互換で置き換えか容易
point2組込みに適したワイヤーアンテナ
point3電波法(工事設計認証)取得済、ARIB STD-T108準拠
point4外部アンテナタイプと混在・併用が可能
PDFファイル IM920sシリーズがすぐわかるPDF
・手軽にマルチホップネットワークを体感できるクイックスタートキットをご用意

主な仕様

横スクロールしてご覧ください

マルチホップ対応920MHz無線モジュール(IM920s)
製品画像

IM920s表面
表面

IM920s裏面
裏面

サンプル価格
(税別・送料別)※1
¥3,700
周波数 Sub-Giga、920MHz帯(922.4~928.0MHz、29ch)
送信出力 10mW/1.1mW
空間データレート 100kbps
内蔵動作モード データモード
動作電圧 DC 2.0~3.6V(定格電圧3.0V)
消費電流 送信時 10mW時:23mA (Typ.)、1.1mW送信時:14mA(Typ.)
受信時 10mA (Typ.)
スリープ時 2μA(Typ.)
アンテナ λ/4 ワイヤーアンテナ
サイズ 20×29.5×3mm(本体サイズ)
動作温度範囲 -20~+70℃(結露なきこと)
見通し通信距離※2 約1km(ワイヤーアンテナ間)
約1.6km(XTタイプアンテナ間)各10mW出力時
通信方式 単信
基本プロトコルスタック スカイリーネットワークス DECENTRA II
ご注意:他社のDECENTRA II製品とは通信できません
通信トポロジ 単純マルチホップ、ツリー、メッシュ
送信モード ブロードキャスト、ユニキャスト、センドバック
インターフェイス 調歩同期式シリアルI/F(接点情報入力・出力はご相談ください)
適合コネクタ 日本圧着端子(JST)社 20Pxx-JMCSシリーズをご用意ください
(モジュール側には20R-JMCS-G-B-TFを搭載)
互換性 IM920cとサイズ、コネクタはアッパーコンパチブル
コマンドセットはIMコマンドを採用
IM920シリーズとは通信できません
無線規格 電波法(工事設計認証)取得済、ARIB STD-T108準拠
技術資料 PDFファイル IM920sハードウェア取扱説明書
PDFファイル IM920sソフトウェア取扱説明書
PDFファイル IM920sシリーズ補足説明書Ver.1.16
PDFファイル IM920sシリーズ補足説明書Ver.1.19 NEW
PDFファイル IM920sクイックスタートガイド
テクニカルノート PDFファイル IM920sシリーズ マルチホップ通信におけるエラー率計測
PDFファイル IM920sシリーズ 見通し通信実験レポート
カタログ PDFファイル IM920sのご紹介

記載の商品は仕様その他を予告なく変更することがあります。

※1送料について:
お買上げ合計金額が1万円未満のときは送料800円(税別)をいただきます。
※2見通し通信距離について:
見通し通信距離は弊社実験値です。

評価・実験用ボード

アプリケーションの開発や評価・実験に便利な各種ボードをご用意しています。


無線モジュールについてのお問い合わせやカスタマイズのご相談は、「お問い合わせフォーム」よりお願いします。
ソリューションお問い合わせ窓口:お問い合わせフォーム